ぶどうの袋かけ

7月半ばから夏真っ盛りで、適度に雨も降り、順調に実った巨峰もやっと摘粒がおわり、袋かけ

の作業になりました。病気や虫・動物から守るためです。かさのように上の部分にかけてあるのは

日焼け防止のためで、かけ終わると一番最後の農薬散布をして、約1ヶ月半で黒々しい紫の実に

変身します。楽しみですね(^o^)/今年は親子房が多いとじいちゃんは言っています。

(*親子房・・大きい粒と小さい粒の混じり)

<< 一覧に戻る